返礼品・香典返しについて

香典返し(返礼品)とはお通夜や告別式に弔問に訪れた方に、お礼の気持ちとして礼状とともに渡す品物です。

会葬返礼品

香典の有無に関わらず、すべての会葬者に渡します。

香典返し

香典をもらった方にお礼として渡します。 葬儀当日に渡す「即日返し」と、忌明け(四十九日)に郵送する「忌明け返し」があります。 従来は、通夜・告別式へ訪れた弔問客全員に会葬礼状と返礼品 (500~1,000円 ) を渡し、香典をいただいた方には忌明け(三五日あるいは四九日)を待って香典返しを発送することが慣習でした。忌明け返しをする場合は、半返し(香典額の半分、二分返しともいう)や三分返し(三分の一を返す)が一般的です。 最近では、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、葬儀当日に、香典の額に関わらず、3,000~5,000円程度の品物を返す「即日返し」が増えてきています。※連名の場合は人数分、グループ・部署一同などの場合は一つ分お渡しするのが基本です。

お香典と返礼品の渡し方

A 会葬者全員(預かり香典も含め)に渡す方式

香典の有無に関わらず、会葬者全員に返礼品を渡します。(両日ともに)お香典を預かってきた方に関しては、その方の分も渡します。(基本形)

B 通夜・告別式での重複を避ける方式

通夜と告別式の両日とも会葬した方には二重に返礼品を渡すことになるので、通夜はAの方式で渡し、告別式は香典と引き換えにするなど、だぶらないように別の品に変える。

C 香典とひきかえで渡す方式

お香典を持ってきた方だけに返礼品を渡します。当日返しはこのタイプです。

D 香典を辞退する方式

お香典の受け取りを辞退し、会葬者に対し返礼品を配るやり方。

前のページに戻る

お葬式基本セット

家族葬 38万円 一日葬 35万円 火葬式 17万円

タウンセレモについて

お客様の声 よくある質問 実績写真 会社案内 個人情報保護方針

お葬式について

式場選び お葬式の費用 葬祭給付金 お葬式の基礎知識