お寺とお布施について

菩提寺がある場合

菩提寺とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。菩提寺がある場合、お葬式では、そのお寺の僧侶をお招きすることになります。お葬式のお布施は、お寺の格式・地域・戒名、檀家とお寺とのお付きあいの度合いなどによって異なります。その為、相場がわからずいくら包めばよいのかわからないという檀家様(そのお寺にお墓を持つ方)がほとんどです。心積もりされたい場合、各お寺様ごとに考え方がありますので、まずはご住職にお伺いをたててください。 その上で不明な点がおありでしたら、弊社にご相談ください。 状況をお伺いしてアドバイスさせていただきます。

菩提寺がない場合

菩提寺(先祖代々のお墓のあるお寺)がない場合、故人様の宗教・宗派を確認の上、ご希望に添ったお寺様を紹介致します。その際は、お布施の金額を予めご提示致します。弊社でご紹介するお寺様は、葬儀後の法事やその他仏事に関する相談事にも丁寧に対応していただけますのでご安心ください。神道の喪家様には神主さまのご紹介もいたしております。※宗教者に対してましてはいずれの場合も、お布施(御礼)のほかにお車代(五千円~)・御膳料(五千円~) をお渡しするのが一般的です。

お布施の渡し方

葬儀のお布施を渡すタイミングとしてもっとも丁寧とされているのは、お葬式後にお寺へ出向き、菓子折などをそえてお礼かたがたお渡しするというものですが、最近の傾向としましては、お通夜やお葬式の開式前や閉式後、宗教者へのご挨拶時にお渡しいただくケースが増えております。いずれにしましても、これといった決まりはございませんので、弊社では状況に応じてタイミングを計り喪家様にお声がけするように心がけております。また、その際の正しい作法とされているのは、直接手渡すのではなくお盆、切手盆に載せてお渡しするものとされています。お盆は弊社で準備しますのが、お寺等で用意がない場合はふくさのご利用をお勧めします。

格安のお布施について

一般的にお葬式の際のお布施は、通夜・葬儀の読経や戒名(法名)の対価と考えられがちですが、本来は、それ以外に故人やご先祖様への供養・お墓の管理など、その全てに対するお礼にあたるものです。(お寺を維持するにはお金がかかります。)そういったことから、お寺によってお布施の料金は異なります。
しかしながら昨今、格安のお布施をPRしているインターネット上の葬儀社が多く見受けられるようになりました。菩提寺があるにも関わらず、その僧侶にお願いせずに、格安の僧侶派遣サービスを利用する事で、後々、トラブルになる事があります。くれぐれもご注意下さい。

前のページに戻る

お葬式基本セット

家族葬 38万円 一日葬 35万円 火葬式 17万円

タウンセレモについて

お客様の声 よくある質問 実績写真 会社案内 個人情報保護方針

お葬式について

式場選び お葬式の費用 葬祭給付金 お葬式の基礎知識